大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

なぜ戦争体験を継承するのか : ポスト体験時代の歴史実践 / 蘭信三, 小倉康嗣, 今野日出晴編

ナゼ センソウ タイケン オ ケイショウ スル ノカ : ポスト タイケン ジダイ ノ レキシ ジッセン

出版者 東京 : みずき書林
出版年 2021.2
大きさ 503p : 挿図, 地図 ; 21cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 319.8||ナセ
10258879 9784909710147

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 蘭, 信三(1954-) <アララギ, シンゾウ>
小倉, 康嗣 <オグラ, ヤスツグ>
今野, 日出晴(1958-) <コンノ, ヒデハル>
件 名 BSH:戦争
BSH:平和
BSH:博物館
分 類 NDC9:319.8
NDC10:319.8
一般注記 参考文献: p433-459
平和博物館関係研究文献リスト(二〇〇九-二〇一九) 福島在行編: p460-486
内容注記 課題としての〈ポスト戦争体験の時代〉 / 蘭信三
継承とはなにか : 広島市立基町高校「原爆の絵」の取り組みから / 小倉康嗣
開いた傷口に向き合う : アウシュヴィッツと犠牲者ナショナリズム / 田中雅一
戦友会の質的変容と世代交代 : 戦場体験の継承をめぐる葛藤と可能性 / 遠藤美幸
創作特攻文学の想像力 : 特攻体験者はどう描かれてきたか / 井上義和
戦争体験の聞き取りにおけるトラウマ記憶の扱い / 森茂起
戦争を〈体験〉するということ / 人見佐知子
平和博物館は何を目指してきたか : 「私たち」の現在地を探るための一作業 / 福島在行
英霊を祀る : 遊就館 / 山本晶子
体験的継承から対話的継承へ : 長崎原爆資料館 / 深谷直弘
原爆の災禍から何を学ぶのか : 広島平和記念資料館 / 根本雅也
核の記憶とともに : 第五福竜丸展示館 / 市田真理
地域からみる、観光が拡げる : 知覧特攻平和会館、大刀洗平和記念館、人吉海軍航空基地資料館 / 清水亮
ともに働くという継承――ひめゆり平和祈念資料館 / 仲田晃子
「平和と民主主義」のもとに : 立命館大学国際平和ミュージアム / 兼清順子
〈国民〉の〈労苦〉 : 昭和館、しょうけい館 / 中村江里
体験者でもわからないものとして空襲を捉え直す : 東京大空襲・戦災資料センター、戦争と平和の資料館ピースあいち / 木村豊
「慰安婦」被害者と出会い、正義を求め行動する拠点 : アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam) / 木下直子
過去と対話する下伊那の歴史実践 : 満蒙開拓平和記念館 / 山本めゆ
平和博物館研究をより深く学ぶために / 福島在行
「戦争体験」、トラウマ、そして、平和博物館の「亡霊」 / 今野日出晴
書誌ID 3000116452
NCID BC05541684

検索結果一覧に戻る ページトップ