大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

歴史認識はどう語られてきたか / 木村幹著

レキシ ニンシキ ワ ドウ カタラレテ キタカ

出版者 東京 : 千倉書房
出版年 2020.7
大きさ 328p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 319.1021||キム
10254961 9784805112076

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 木村, 幹(1966-) <キムラ, カン>
件 名 BSH:日本-対外関係-韓国-歴史
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 大韓民国 -- 歴史 -- 1945-
NDLSH:太平洋戦争 (1941-1945) -- 歴史観 -- 歴史 -- 1945-
分 類 NDC8:319.1021
NDC9:319.1021
NDC10:319.1021
NDLC:A99-ZK4
別書名 標題紙タイトル:The development of historical disputes : how Japan and South Korea have talked about their history
内容注記 日韓歴史認識問題を考察する
日韓両国における歴史観と教科書問題
第一次教科書紛争から「克日」運動へ
慰安婦問題をめぐる韓国の言説状況
英語メディアによる慰安婦報道とその傾向
日本における慰安婦認識
慰安婦言説の転換点
日韓関係の現在地
旭日旗問題に見る韓国ナショナリズムの新側面
書誌ID 3000111057
NCID BC01390645

検索結果一覧に戻る ページトップ