大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

対談戦争とこの国の150年 : 作家たちが考えた「明治から平成」日本のかたち / 保阪正康 [ほか] 著

タイダン センソウ ト コノ クニ ノ 150ネン : サッカ タチ ガ カンガエタ メイジ カラ ヘイセイ ニホン ノ カタチ

出版者 東京 : 山川出版社
出版年 2019.5
大きさ 253p ; 19cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 210.6||タイ
10249527 9784634151352

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 保阪, 正康(1939-) <ホサカ, マサヤス>
西村, 京太郎(1930-) <ニシムラ, キョウタロウ>
池内, 紀(1940-) <イケウチ, オサム>
逢坂, 剛(1943-) <オウサカ, ゴウ>
浅田, 次郎(1951-) <アサダ, ジロウ>
半藤, 一利(1930-) <ハンドウ, カズトシ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 近代
BSH:日中戦争(1937~1945)
BSH:太平洋戦争(1941~1945)
BSH:日本文学 -- 作家
分 類 NDC8:210.6
NDC9:210.6
NDC10:210.6
別書名 異なりアクセスタイトル:戦争とこの国の150年 : 対談 : 作家たちが考えた明治から平成日本のかたち
一般注記 その他の著者: 西村京太郎, 池内紀, 逢坂剛, 浅田次郎, 半藤一利
内容注記 死ぬことは怖くなかった。『どうせ、俺たちもみんな死ぬんだ』という気持ちでした(西村京太郎 トラベルミステリーの巨匠)
太平洋戦争期の日本の言論と熱狂は、第一次大戦のドイツとソックリです(池内紀 ドイツ文学者・エッセイスト)
赤紙がきたとき、隻眼の父は『俺のところにくるようじゃ、この戦争はもうダメだ』と思ったそうです(逢坂剛 ミステリー・歴史小説の大家)
戦前も戦後も、日本人は『既成事実の追認』だけ。それは明治以降、この国にグランドプランがないからです(浅田次郎 前日本ペンクラブ会長)
明治150年がおめでたいなんて、『何をぬかすか』ですよ(半藤一利 大ベストセラー『昭和史』『幕末史』の歴史探偵)
書誌ID 3000100621
NCID BB28272777

検索結果一覧に戻る ページトップ