大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

「神国」の正統論 : 『神皇正統記』受容の近世・近代 / 齋藤公太著

シンコク ノ セイトウロン : ジンノウ ショウトウキ ジュヨウ ノ キンセイ キンダイ

出版者 東京 : ぺりかん社
出版年 2019.2
大きさ 350p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)1階 一般図書 121.5||サイ
10248858 9784831515322

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 齋藤, 公太(日本思想史) <サイトウ, コウタ>
件 名 NDLSH:北畠, 親房(1293〜1354)
BSH:日本思想 -- 歴史
BSH:神皇正統記
分 類 NDC8:121.5
NDC9:121.5
NDC10:121.5
別書名 異なりアクセスタイトル:「神国」の正統論 : 『神皇正統記』受容の近世・近代
異なりアクセスタイトル:神国の正統論 : 神皇正統記受容の近世近代
一般注記 博士学位請求論文『日本神学の形成 : 近世日本における『神皇正統記』の受容史』 (東京大学人文社会系研究科, 2016年) をもとに、加筆・修正を行ったもの
内容注記 「神国」の「正統」 : 『神皇正統記』の思想構造
「南朝」のあとで : 近世前期までの『神皇正統記』の受容史
「虚器」と「共主」 : 山鹿素行と新井白石の『神皇正統記』受容
「神器」と「正統」 : 闇斎学派の南朝正統論
本来性をめぐる闘争 : 前期水戸学における神器論争
「神書」と「古典」のあいだ : 垂加派における『古事記』研究
「神道」から「古道」へ : 『弁道書』以降における「神道」の再解釈
「国体」の興隆 : 後期水戸学における『神皇正統記』の受容
「神国」の近代 : 明治国学と『神皇正統記』
書誌ID 3000100282
NCID BB27913537

検索結果一覧に戻る ページトップ