大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

敗北者たち : 第一次世界大戦はなぜ終わり損ねたのか1917-1923 / ローベルト・ゲルヴァルト [著] ; 小原淳訳

ハイボクシャタチ : ダイイチジ セカイ タイセン ワ ナゼ オワリソコネタ ノカ 1917 1923

出版者 東京 : みすず書房
出版年 2019.2
大きさ 397, 149p, 図版 [16] p : 挿図, 地図 ; 20cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 209.71||ケル
10247489 9784622087618

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 Gerwarth, Robert
小原, 淳(1975-) <オバラ, ジュン>
件 名 BSH:世界大戦(第一次)
NDLSH:世界戦争 (1914-1918)
NDLSH:世界戦争 (1939-1945) -- 原因
NDLSH:民族問題 -- ヨーロッパ -- 歴史 -- 20世紀
NDLSH:ヨーロッパ -- 社会 -- 歴史 -- 20世紀
分 類 NDC8:209.71
NDC9:209.71
NDC10:209.71
別書名 原タイトル:The vanquished : why the First World War failed to end, 1917-1923
異なりアクセスタイトル:敗北者たち : 第一次世界大戦はなぜ終わり損ねたのか : 1917-1923
一般注記 原タイトル:The vanquished
第一次世界大戦の終結は、敗北者たちにとって暴力の始まりだった。帝国の崩壊、内戦、ファシズムの台頭。確かな実証性と明快な論理で無数の紛争を纏め上げ、20世紀を決定づけた暴力の起源を照らす。
参考文献: 巻末p17-72
内容注記 春の列車旅行
ロシア革命
ブレスト=リトフスク
勝利の味
運勢の反転
戦争は終わらない
ロシアの内戦
民主主義の見せかけの勝利
急進化
ボリシェヴィズムの恐怖とファシズムの勃興
パンドラの箱 : パリと帝国問題
中東欧の再編
敗れたる者に災いあれ
フィウーメ
スミルナからローザンヌへ
「戦後」と二〇世紀半ばのヨーロッパの危機
書誌ID 3000098027
NCID BB27779795

検索結果一覧に戻る ページトップ