大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

滋賀県発!持続可能社会への挑戦 : 科学と政策をつなぐ / 内藤正明, 嘉田由紀子編

シガケンハツ ジゾク カノウ シャカイ エノ チョウセン : カガク ト セイサク オ ツナグ

出版者 京都 : 昭和堂
出版年 2018.5
大きさ xv,222p : 挿図, 肖像 ; 21cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 519.4||シカ
10243177 9784812217177

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 内藤, 正明(1939-) <ナイトウ, マサアキ>
嘉田, 由紀子(1950-) <カダ, ユキコ>
件 名 BSH:河川行政
BSH:環境行政 -- 滋賀県
BSH:琵琶湖
BSH:放射性物質
NDLSH:環境保全
NDLSH:環境政策
NDLSH:自然保護 -- 滋賀県
NDLSH:湖沼 -- 滋賀県
NDLSH:水資源
NDLSH:持続可能な開発
NDLSH:原子力災害
NDLSH:水質管理 -- 滋賀県
FREE:滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
分 類 NDC8:517.09
NDC9:517.091
NDC9:519.4
NDC10:517.091
別書名 異なりアクセスタイトル:滋賀県発持続可能社会への挑戦
一般注記 文献あり
内容注記 琵琶湖とは何か : 生物進と湖沼文化の独自性
琵琶湖政策の歴史 : 近代化における縦割り行政の拡大
琵琶湖の科学研究の発展 : 総合化への100年
これからの新たな琵琶湖政策 : 生存可能社会を求めて
地域からつくる持続可能社会
持続可能な地域社会の実現シナリオ
持続可能な地域の将来社会像
ビジョンを実現するためのロードマップ
ビジョンの社会実装に向け
なぜ「卒原発」を滋賀県から提唱したのか : 「被害地元」知事の責任と苦悩
放射性物質は滋賀の大気でどのように広がるか
放射性物質は琵琶湖でどのように広がるか
[座談会]滋賀県・琵琶湖の放射能予測が私たちに問いかけたこと
書誌ID 3000088826
NCID BB26091443

検索結果一覧に戻る ページトップ