大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

沈黙の海・有明海 : その不都合な真実 / 林重徳著

チンモク ノ ウミ・アリアケカイ : ソノ フツゴウ ナ シンジツ

出版者 東京 : 日刊工業新聞社
出版年 2017.10
大きさ x, 196p ; 21cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 519.4||ハヤ
10240386 9784526077616

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 林, 重徳 <ハヤシ, シゲノリ>
件 名 NDLSH:海洋汚染 -- 九州地方
NDLSH:有明海
分 類 NDC9:519.4
NDC10:519.4
NDLC:NA189
別書名 異なりアクセスタイトル:沈黙の海有明海 : その不都合な真実
一般注記 参考文献: 各章末
内容注記 水産学・海洋環境学の“定説(?)"と“常識(?)"は、正確でしょうか? : 「海水は底質へ浸透しない。」ならびに「海洋性硫酸還元菌」について
平成13年沈黙した「飯田海岸」の干潟
有明海はどのように形成され、どんな特徴があるのでしょうか? : 有明海の成り立ちと特徴を見てみましょう!
有明海は“濁っている"のに、なぜ“豊饒の海"だったのでしょう? : 有明海域の特徴と生物たち
有明海の底質を左右する“分散化"および“綿毛化"と“団粒化"
有明海で、何が起こっているのでしょうか?
湾奥部干潟域における底質調査
「酸処理剤」(ノリ活性処理剤)の“底質"への影響
有明海における干潟“底質"の特性
“乳酸"を多く含む「新酸処理剤」の登場
有明海異変の“本質"
開発した「底質改善技術」
ノリ養殖業と貝類漁業・漁船漁業の“共存・共栄"への道
「有明海問題」 : その不都合な真実
「有明海問題」から何を学ぶか?
余稿 : 「有明海問題」を通して思うこと
書誌ID 3000084797
NCID BB2503504X

検索結果一覧に戻る ページトップ