大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

見捨てられる「いのち」を考える : 京都ALS嘱託殺人と人工呼吸器トリアージから / 安藤泰至, 島薗進編著 ; 川口有美子, 大谷いづみ, 児玉真美著

ミステラレル イノチ オ カンガエル : キョウト ALS ショクタク サツジン ト ジンコウ コキュウキ トリアージ カラ

出版者 東京 : 晶文社
出版年 2021.10
大きさ 260p ; 19cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 490.15||ミス
10263147 9784794972804

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 安藤, 泰至(1961-) <アンドウ, ヤスノリ>
島薗, 進(1948-) <シマゾノ, ススム>
川口, 有美子(1962-) <カワグチ, ユミコ>
大谷, いづみ <オオタニ, イズミ>
児玉, 真美(1956-) <コダマ, マミ>
件 名 BSH:医療倫理
BSH:安楽死
NDLSH:医療倫理
NDLSH:生命倫理
分 類 NDC9:490.15
NDC10:490.15
NDLC:SC47
別書名 異なりアクセスタイトル:見捨てられるいのちを考える : 京都ALS嘱託殺人と人工呼吸器トリアージから
一般注記 関連書籍ガイド: p257-260
内容注記 「安楽死」「尊厳死」の危うさ / 安藤泰至著
ALS患者の「死ぬ権利」? / 川口有美子著
医療が死を早めてよいのか? / 島薗進著
殺される/殺すのはだれか? / 安藤泰至著
〈間〉の生を聴く/〈間〉の生を語る / 大谷いづみ著
いのちの選別をめぐって何が起きていたのか? / 島薗進著
ディスカッション
生命倫理問題における「当事者」の再考 / 安藤泰至著
家族に「殺させる」社会を生きる / 児玉真美著
医療資源について語るとき考えなければならないこと / 島薗進著
ディスカッション
書誌ID 3000122525
NCID BC10584256

検索結果一覧に戻る ページトップ