大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

鎌倉政権 / 黒川高明, 北爪真佐夫編

カマクラ セイケン

(論集日本歴史;4)
出版者 東京 : 有精堂出版
出版年 1976.2
大きさ 2, 354p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 210.08||ロニ||4
10053745

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 黒川, 高明(1940-) <クロカワ, タカアキ>
北爪, 真佐夫(1933-) <キタズメ, マサオ>
件 名 NDLSH:日本 -- 歴史 -- 鎌倉時代
分 類 NDC8:210.1
NDC6:210.1
NDLC:GB71
NDLC:GB221
一般注記 監修: 豊田武, 児玉幸多, 大久保利謙
内容: 日本中世国家論の諸問題(石井進), 院政期知行国制についての一考察--とくに平氏知行国の解明をめざして(石丸煕), 平家及び院政政権と荘園制(竹内理三), 平氏権の総官職設置(石母田正), 「鎌倉殿御使」考--初期鎌倉幕府制度(1)(田中稔), 鹿島神宮文書雑感『吾妻鏡』所載文治三年十月二十九日政所下文を中心に(新田英治), 「文治地頭」に関する省察(安田元久), 建久元年の歴史的意義(上横手雅敬), 承久京方武士の一考察--乱後の新地頭補任地を中心として(田中稔), 承久の乱後の新地頭補任地<拾遺>--承久京方武士の一考察・補論(田中稔), 鎌倉幕府と律令制度地方行政機関との関係--諸国大田文の作成を中心として(石井進), 鎌倉御家人の番役勤仕について(五味克夫), 公田と領主制(入間田宣夫), 鎌倉幕府法の限界(上横手雅敬), 関東陰陽道の成立(村山修一), 岩門合戦再論--鎮西における得宗支配の強化と武藤氏(川添昭二), 鎌倉幕府裁許状の分析(瀬野精一郎), 悪党について(小泉宜右), 院評定制について(橋本義彦)
文献目録: p334-353
内容注記 . 内容:日本中世国家論の諸問題(石井進) 院政期知行国制についての一考察ーとくに平氏知行国の解明をめざして(石丸煕) 平家及び院政政権と荘園制(竹内理三) 平氏権の総官職設置(石母田正) 「鎌倉殿御使」考ー初期鎌倉幕府制度(1)(田中稔) 鹿島神宮文書雑感『吾妻鏡』所載文治3年10月29日政所下文を中心に(新田英治) 「文治地頭」に関する省察(安田元久) 建久元年の歴史的意義(上横手雅敬) 承久京方武士の一考察ー乱後の新地頭補任地を中心として(田中稔) 承久の乱後の新地頭補任地<拾遺>ー承久京方武士の一考察・補論(田中稔) 鎌倉幕府と律令制度地方行政機関との関係ー諸国大田文の作成を中心として(石井進) 鎌倉御家人の番役勤仕について(五味克夫) 公田と領主制(入間田宣夫) 鎌倉幕府法の限界(上横手雅敬) 関東陰陽道の成立(村山修一) 岩門合戦再論ー鎮西における得宗支配の強化と武藤氏(川添昭二) 鎌倉幕府裁許状の分析(瀬野精一郎) 悪党について(小泉宜右) 院評定制について(橋本義彦)
書誌ID 1000050136
NCID BN0228862X

検索結果一覧に戻る ページトップ