大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

高橋和巳 : 世界とたたかった文学

タカハシ カズミ : セカイ ト タタカッタ ブンガク

出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 2017.2
大きさ 237p : 挿図, 肖像 ; 21cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)1階 一般図書 910.268||タカ
10237147 9784309025490

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
件 名 BSH:高橋/和巳
分 類 NDC8:910.268
NDC9:910.268
一般注記 高橋和巳・年譜: p232-237
内容注記 昔、ぼくは、文学青年だった…… / 三田誠広
まだ答えのでない宗教をめぐる思考実験 / 島田裕巳
滅びに散った高橋和巳 / 佐高信
既視の惑乱 : 『堕落』 / 塩見鮮一郎
高橋和巳は何を「わが解体」と呼んだのか : 自己批判を批判的に肯定する / 杉田俊介
『邪宗門』の革命 : 埴谷雄高と出口王仁三郎 / 安藤礼二
高橋和巳、自己破壊的インターフェイス / 岡和田晃
六朝美文とゲリラ : 『捨子物語』 / 友常勉
刀折れ矢尽きた戦いの果てに / 佐久間文子
高橋和巳の時代 / 鈴木邦男
『捨子物語』
『貧者の舞』
『憂鬱なる党派』
『黄昏の橋』
『人間にとって』
『悲の器』
『我が心は石にあらず』
『堕落』
『白く塗りたる墓』
『散華』
『邪宗門』
『日本の悪霊』
『わが解体』
書誌ID 3000080572
NCID BB23314177

検索結果一覧に戻る ページトップ