大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

日本海軍と東アジア国際政治 : 中国をめぐる対英米政策と戦略 / 小磯隆広著

ニホン カイグン ト ヒガシアジア コクサイ セイジ : チュウゴク オ メグル タイエイベイ セイサク ト センリャク

出版者 東京 : 錦正社
出版年 2020.5
大きさ 6,306p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 319.1||コイ
10254487 9784764603523

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 小磯, 隆広(1985-) <コイソ, タカヒロ>
件 名 BSH:日本-対外関係-歴史
BSH:日中戦争(1937〜1945)
BSH:太平洋戦争(1941〜1945)
BSH:海軍-日本
NDLSH:海軍 -- 日本 -- 歴史 -- 昭和前期
NDLSH:日中戦争 (1937-1945)
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 歴史 -- 昭和前期
分 類 NDC8:319.1
NDC9:319.1
NDC10:319.1
NDLC:AZ-664
NDC10:397.21
一般注記 満州事変後から太平洋戦争開戦に至るまで、日本海軍が東アジア情勢との関係において、英米の動向をいかに認識、観測し、政策と戦略を講じようとしたか。昭和戦前期、日本の対外関係に果たした海軍の役割を解明する。
文献:p283〜298
内容注記 本書の課題と問題の限定
中国問題をめぐる日本海軍の対英観と政策
門戸開放・機会均等をめぐる日本海軍の対米観と政策
上海租界をめぐる日本海軍の対英米政策
南洋群島と海南島を中心とする日本海軍の対英米戦略
一九四一年日米交渉と海南島駐留問題
本書の結論と残された課題
書誌ID 3000110214
NCID BC00778245

検索結果一覧に戻る ページトップ