大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

教養としての「世界史」の読み方 / 本村凌二著

キョウヨウ トシテノ セカイシ ノ ヨミカタ

出版者 東京 : PHPエディターズ・グループ
出版者 東京 : PHP研究所 (発売)
出版年 2017.1
大きさ 301p : 挿図, 地図 ; 19cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 204||モト
10237206 9784569831947

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 本村, 凌二(1947-) <モトムラ, リョウジ>
件 名 BSH:歴史
NDLSH:世界史
分 類 NDC8:204
NDC9:204
NDC9:209
別書名 表紙タイトル:How to read world history for cultural refinement
異なりアクセスタイトル:教養としての世界史の読み方
内容注記 文明はなぜ大河の畔から発祥したのか : 文明の発達から都市国家と民主政の誕生まで
ローマとの比較で見えてくる世界 : ローマはなぜ興隆し、そして滅びたのか
世界では同じことが「同時」に起こる : 漢帝国とローマ帝国、孔子と釈迦
なぜ人は大移動するのか : ゲルマン民族、モンゴル帝国、大航海時代から難民問題まで
宗教を抜きに歴史は語れない : 一神教はなぜ生まれたのか
共和政から日本と西洋の違いがわかる : なぜローマは「共和政」を目指したのか
すべての歴史は「現代史」である : 「今」を知るために歴史を学ぶ
書誌ID 3000080482
NCID BB22804148

検索結果一覧に戻る ページトップ