大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

平安朝漢詩文の文体と語彙 / 後藤昭雄著

ヘイアンチョウ カンシブン ノ ブンタイ ト ゴイ

出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2017.5
大きさ 7, 416, 11p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)1階 一般図書 919.3||コト
10238027 9784585291466

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 *後藤, 昭雄(1943-) <ゴトウ, アキオ>
件 名 BSH:漢文学 -- 歴史
BSH:日本文学 -- 歴史 -- 平安時代
分 類 NDC9:919.3
内容注記 経国の「文」 : 文体が担う社会的機能
小野篁の「輪台」詠
踏歌章曲考
入唐僧の将来したもの : 讃と碑文
『三国祖師影』の讃
「和歌集等を平等院経蔵に納むる記」考
外交文書としての牒
菅原道真の祭文と白居易の祭文
平安朝の願文 : 中国の願文を視野に入れて
願文の主語 : 空海の願文
菅原道真の願文
呪願文考序説
表白についての序章
諷誦文考
諷誦文考補
諷誦文論
菅原道真の詩と律令語
平安朝詩と律令語
平安朝詩文の「俗語」
『続日本紀』における中国口語
日本の古代の文献と中国口語
書誌ID 3000081772
NCID BB23620650

検索結果一覧に戻る ページトップ