大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

「民主」と「愛国」 : 戦後日本のナショナリズムと公共性 / 小熊英二著

ミンシュ ト アイコク : センゴ ニホン ノ ナショナリズム ト コウキョウセイ

出版者 東京 : 新曜社
出版年 2002.10
大きさ 966p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 210.7||オエ
10187172 4788508192

(伊丹) 一般図書 210.76||OGE
20069029 4788508192

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 小熊, 英二(1962-) <オグマ, エイジ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代(1945年以後)
NDLSH:民族主義
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 1945-
分 類 NDC8:210.76
NDC9:210.76
別書名 背表紙タイトル:“Minsyu" and “Aikoku"
異なりアクセスタイトル:民主と愛国
一般注記 注: p830-950
人名索引: p966(i)-959(viii)
内容注記 モラルの焦土 : 戦争と社会状況
総力戦と民主主義 : 丸山眞男・大塚久雄
忠誠と反逆 : 敗戦直後の天皇論
憲法愛国主義 : 第九条とナショナリズム
左翼の「民族」、保守の「個人」 : 共産党・保守系知識人
「民族」と「市民」 : 「政治と文学」論争
貧しさと「単一民族」 : 一九五〇年代のナショナリズム
国民的歴史学運動 : 石母田正・井上清・網野善彦ほか
戦後教育と「民族」 : 教育学者・日教組
「血ぬられた民族主義」の記憶 : 竹内好
「自主独立」と「非武装中立」 : 講話問題から五五年体制まで
六〇年安保闘争 : 「戦後」の分岐点
大衆社会とナショナリズム : 一九六〇年代と全共闘
「公」の解体 : 吉本隆明
「屍臭」への憧憬 : 江藤淳
死者の越境 : 鶴見俊輔・小田実
結論
書誌ID 1100061663
NCID BA59460661

検索結果一覧に戻る ページトップ