大手前大学図書館OPAC

ようこそ  ゲスト さん

老い : 人文学・ケアの現場・老年学 / 本村昌文 [ほか] 編著

オイ : ジンブンガク ケア ノ ゲンバ ロウネンガク

出版者 町田 : ポラーノ出版
出版年 2019.3
大きさ 453p ; 22cm

所蔵情報を非表示

巻 次 配架場所 所在記号 コメント 状 態 資料番号 ISBN 予約

(CELL)地階 一般図書 367.7||オイ
10248556 9784908765179

書誌詳細を非表示

資料区分 図書
本文言語 日本語
著者標目 本村, 昌文(1970-) <モトムラ, マサフミ>
加藤, 諭(1978-) <カトウ, サトシ>
近田, 真美子 <コンダ, マミコ>
日笠, 晴香 <ヒカサ, ハルカ>
吉葉, 恭行(1963-) <ヨシバ, ヤスユキ>
件 名 BSH:高齢者
BSH:高齢者福祉
分 類 NDC8:367.7
NDC9:367.7
NDC10:367.7
一般注記 その他の編著者: 加藤諭, 近田真美子, 日笠晴香, 吉葉恭行
内容注記 老い : ケアの現場に根ざした人文学から老年学へ / 本村昌文
ケアと「迷惑」 : なぜ今日の高齢者はこれほどに「迷惑」を口にするのか / 諸岡了介
訪問看護師と老人専門看護師の老いに対する価値観 / 工藤洋子
高齢者ケアに携わっている支援者の老年観 : 看護師、保健師、理学療法士の語りから / 近田真美子
意思決定と感情の能力 / 日笠晴香
現代日本における「老い」と科学技術政策 / 吉葉恭行
先端科学技術を活用したリハビリテーションの現状とその可能性 / 佐治周平
『栄花物語』における「老い」の観念について / 小泉礼子
『高野山往生伝』に見る老いと死 : 琳賢の「弥勒像」安置について / 佐々木守俊
長生きはめでたいことなのか? : 『徒然草』注釈から見る17世紀における「老い」の観念 / 本村昌文
其弊は廃すべし、其制は廃すべからず : 穂積陳重『隠居論』における社会進化と「老い」 / 石澤理如
明治末から大正期におけるメチニコフの「老い」をめぐる言説の受容 / 島田雄一郎
1960年代以前における献体運動と白菊会 / 加藤諭
翁童というナラティブ : 『フランダースの犬』受容から考える / 植村友香子
老いの境界 : 西洋の知見から / 出村和彦
中世ヨーロッパの修道院における看取り : ハイスターバッハのカエサリウス『奇跡についての対話』を手がかりに / 大貫俊夫
「自分が何者であるかも判らない」 : ボーヴォワール『老い』に対する現象学的アプローチ / 田中菜摘
儒家の養老思想およびその現代社会における意義について / 任蜜林; 龔穎
中国における高齢者ターミナルケアの歴史と現在 / 周琛
「老い」をめぐる人文学研究から「老年人文学」へ / 本村昌文
書誌ID 3000099550
NCID BB2807449X

ページトップ